マンション売却

見かけの価格査定には注意

自分のマンションを売却しようとする方の大半は初めての経験なことが多いでしょう。

 

確かに、投機目的でなければ、自分が住むマンションを何度も売りに出す方はそれほどいないでしょう。

 

不動産業者に全てお任せするのではなく、マンション売却の基礎知識と現状を知った上で、自分自身も少しでも高く売れる努力をするべきなのかもしれません。

 

それは例えば、リフォームを検討することであったり、内覧での家族の協力であったり、見かけの査定額にとらわれずに、信頼できる不動産業者をしっかり選ぶことであったりします。

 

そして、もっとも大切な第一歩は、自分のマンション査定価格の相場を調べることではないでしょうか?

 

今は、インターネットでマンションの一括査定が簡単にできる時代になりました。

 

まずは一括査定を複数の不動産業者に依頼して、その中から最も信頼できる不動産業者を選びタッグを組むことで、失敗しないマンション売却が実現できると思います。

 

こんなマンション売却成功例があります。まずはお読みください。

 

<マンション売却と新築マンションへの引越し>

阪神大震災の被災後、住んでいたマンションを売却して新しいマンションへ引っ越すことを考えました。

 

その時に住んでいたマンション内部は地震後、壁の表面に使われていた部材が割れていた等の状態だったのですが、一応不動産屋に来てもらって売れるかどうか見てもらいました。

 

その時の不動産屋の言い分では、この様な状態でも十分売れますよと言う事だったので、そこの不動産屋で売りに出してもらいました。

 

実際、その不動産屋はお客を一人連れてきたのですが、そのお客は壊れた壁表面の部材の状態を見て買う気をなくしたと言っていました。

 

そのお客には一応リフォーム代金として100万円用意しますよとは言ったのですが、この反応でした。
まあ、実際、壊れている所を目にするとこの様になるのは無理からぬ所です。

 

しかし、最初に仲介を依頼した不動産屋はこの他にも何となく頼りにならないと言うか、仕事に詰めが甘いと言うか、いい加減な所が見受けられたので他の不動産屋にも仲介依頼をしてみました。

 

そして、その次に頼んだ不動産屋の人が言うには、最初頼んだ不動産屋は余り評判が良くないみたいでした。

 

新しい不動産屋のその言葉には幾らかは営業が入っているにせよ、自分の経験からしてもその評価は恐らく真実を突いているであろうと思ったので、前の不動産屋は断って新しい不動産屋へ乗り換えました。

 

新しい不動産屋のアドバイスでは売る前にリフォームしましょうとの事でしたので、ツテを頼ってリフォームしました。

 

リフォームには費用が100万円かかりましたが、一応、少なくとも見かけは良くなりました。
そして販売開始です。

 

販売開始後、そんなに待たずに売れました。
買ってくれた相手は同じマンションの住民で、今まで住んでいた所は会社の借り上げ社宅との事でした。

 

また、同じマンションで被災したのでマンションの実体も十分把握した上での購入との事で、売る側のこちらとしても後々気に気にすること無くスッキリとした気分でマンションの売却することが出来ました。

 

売る方、買う方、そして仲介した不動産屋の3方全て良しの満足行く結果となりました。
良かったです。

 

信頼できる不動産会社に替ったとたんにマンションが売れた事例です。
こんな信頼関係を築ける不動産業者とタッグを組めるといいですね。

 

そんな業者を見つけるために、まずはマンション一括査定依頼をされることをおススメします。

マンション一括査定なら全国対応のこちらが便利です。

・中古マンションの売却がうまい不動産業者をお探しなら

・買ったすぐのマンションや新築マンションを売却したいなら

・マンションが売れないとお悩みなら

スマホ用