マンション売却

マンションをより高く売るちょっとしたコツ

去年、売却した不動産についてお話します。不動産と言っても、今まで住んできたマンションを手放しただけですが、売却して新居に移りました。そのときの体験です。

 

マンションの築年数は18年でした。元々、違う方が新築のときに購入し、築5年くらい経ったときに購入した物件です。

 

新築で購入するよりも、中古なので相場的にはお買い得で手に入れました。
それから約13年間、必死でローンの繰上げ返済を行って、一昨年に完済したばっかりです。

 

売却した理由としては、住んでいたマンションが手狭になってきたこと。
2人の子どもも大きくなり、別々の部屋を与えてあげたいと思うようになったし、夢であった庭付きの家に住みたいという希望があったからです。

 

やっとローンを完済して、家計に余裕ができたところでしたが、今買わないと年齢的にローンの返済が辛くなると思って踏み切りました。

 

マンションの査定は、1社しか頼みませんでした。
マンションのポストに投函されていたチラシに問い合わせをしたところ、とても良い不動産業者の営業の方にめぐり合えました。

 

物腰が柔らかく、今までの不動産業者のイメージを覆す方で、安心してお願いできました。

 

査定には、うちのマンションの売却例や近隣のマンションの売却価格、築年数や条件が似ているマンションの売却価格など詳しい資料の提示があり、あまり不動産の相場が分からなかった私でも納得できる査定になりました。

 

実はもうちょっと安くなるんじゃないかなと思っていたのですが、

 

「このあたりのマンションは人気が高いので他の地域より高く売れますよ」

 

という言葉どおり、売り始めてから約1か月で買主が決まりました。

 

我が家は、先に新しい家に引っ越していたことも、買いたい人が家の中を自由に見学できる点で有利だったのかなと思います。

 

あと、不動産屋さんにお勧めされたのですが、玄関から入ったところにお花を飾ってカードも付けました。
花があると殺風景な部屋が明るく見え、手書きのカードでほかの売主よりも身近に感じてもらえるみたいで、見学に来た人の第一印象が違うみたいです。

 

ちょっとしたことですが、マンションを売却する機会がある人はやってみるといいかもしれませんね。

マンション一括査定なら全国対応のこちらが便利です。

・中古マンションの売却がうまい不動産業者をお探しなら

・買ったすぐのマンションや新築マンションを売却したいなら

・マンションが売れないとお悩みなら

スマホ用

マンション売却で不動産屋に薦められたコツ関連ページ

マンションは引越前に売るか引越後に売るか?
マンションを自分が売った経験、引っ越しした経験から言うと、引越後の、何も無い状態で引越後の状態を考えるのには結構な想像力が必要です。
マンションの売却に欲の出し過ぎは禁物です!
欲を出しすぎてズルズルと値引きするより、少々低めの値段でもすぐに買い手が見つかるほうが、ストレスもなく精神的にもすっきりすると思いました。
新築から2年半。お気に入りマンションの売却成功談
マンションの売却で大事なのは、信頼できる不動産業者を探すことだと思います。
マンションのリフォームは入居者がしました
最終的なマンションの成約価格は、初めに売却するかどうか迷った相手が提示した価格よりも上になりました。
古くても立地が決めてで即売却
戸建新築と同じ業者にお願いしたことでマンションの売却代を新築の頭金の一部に充てることが出来、売買ともにスムーズに進めることが出来ました。
転勤でマンション売却!
購買当初の間取りと部屋の場所選びは大切だなと感じました。また、不動産業者も、人の入れ替わりの多い業者より、昔から地元に密着している業者の方がいいと思いました。