中古マンション 売却

マンション売却では欲を出し過ぎないこと!

築 20年マンションを売却したのは、今から約 4年前です。

 

駅にも近く、買い物にも便利なマンションだったのですが、子供が大きくなって少し手狭になった頃、新たに一軒家を見つけたのがマンション売却のきっかけです。

 

新しい家の販売業者の方がとてもいい方で、

 

『では今のマンションの売却もお願いできませんか?』

 

と、購入・売却の両方を同じ業者にお願いすることになりました。

 

中古マンションとして購入し、すでに 6年ほど経っていたのですが、入居前に天井・壁紙をすべて張り替え、床をコルク張りに改装していたため、業者には

 

『これなら 1,500〜1,600万円で確実に売れます』

 

とお墨付きを頂きました。

 

ただ、同じ時期にマンションの同じフロアの一室が 1,680万円で売りに出ており、何度も何度もチラシを出しておられた (つまり売れていない) ことから、少し低めの値段で確実に売ろう、ということになりました。

 

また、ネット上で販売することも考え、区切りのよい検索条件になるよう、1,500万円で売り出すことにしました。

 

最初の広告は、新聞折り込みのチラシとご近所のポスティングでした。
引っ越しは先に済ませ、マンションを空き家にして、オープンハウスの前に掃除をしたり障子を張り替えたりしました。

 

オープンハウスの初日に二組のご訪問があり、そのうちの一組が購入してくださることになりました。

 

子供さんが独立され、ご夫婦二人のためのマンションを探しておられたらしく、地理的な利便さと比較的値段が手ごろだったこと、またリフォームの必要なくすぐに住めることが購入のポイントだったようです。

 

その後、買い主の方から、洗面台・台所のシンク・室内のドアノブの傷みなどが指摘され、1,500万円から 10万円値引きする、ということで最終的に売買契約を結びました。

 

今から思えば、もう少し高めに値段設定すればよかったかも、という気もしますが、販売業者・買い主様のいずれともスムーズに話しが進み、早く売却が決まったのはよかったと思っています。

 

欲を出しすぎてズルズルと値引きするより、少々低めの値段でもすぐに買い手が見つかるほうが、ストレスもなく精神的にもすっきりすると思いました。

マンション一括査定なら全国対応のこちらが便利です。

・中古マンションの売却がうまい不動産業者をお探しなら

・買ったすぐのマンションや新築マンションを売却したいなら

・マンションが売れないとお悩みなら

スマホ用

マンションの売却に欲の出し過ぎは禁物です!関連ページ

マンションは引越前に売るか引越後に売るか?
マンションを自分が売った経験、引っ越しした経験から言うと、引越後の、何も無い状態で引越後の状態を考えるのには結構な想像力が必要です。
新築から2年半。お気に入りマンションの売却成功談
マンションの売却で大事なのは、信頼できる不動産業者を探すことだと思います。
マンション売却で不動産屋に薦められたコツ
我が家は、先に新しい家に引っ越していたことも、買いたい人が家の中を自由に見学できる点で有利だったのかなと思います。
マンションのリフォームは入居者がしました
最終的なマンションの成約価格は、初めに売却するかどうか迷った相手が提示した価格よりも上になりました。
古くても立地が決めてで即売却
戸建新築と同じ業者にお願いしたことでマンションの売却代を新築の頭金の一部に充てることが出来、売買ともにスムーズに進めることが出来ました。
転勤でマンション売却!
購買当初の間取りと部屋の場所選びは大切だなと感じました。また、不動産業者も、人の入れ替わりの多い業者より、昔から地元に密着している業者の方がいいと思いました。