中古マンション 売却

マンションのリフォームは入居者がしました

家族がマンションを売却したとき、不動産業者は、新築分譲をした不動産業者にしました
大手の不動産会社で、管理会社は、そのグループ会社であったからです。
物件や管理に関する情報に詳しいほうが便利な点があるかも知れないと考えました。

 

また、近所の人がマンションを売却したときもその不動産業者が多かったので、そのマンション自体の成約件数、引き合い状況、成約価格などについて詳しそうだと考えました。

 

売却の査定、依頼を出したときには、既に引っ越しが完了していたので、販売活動にあたり鍵を不動産業者に預けました。
不動産業者が部屋を見たい人を案内するときに便利だからです。

 

広告活動は、不動産業者がインターネットに掲載し、チラシを配布しました。
オープンハウスにすると、広告活動に役立つかも知れないと言われ、承諾したところ、何度か行ったようです。

 

どの部分にどの程度のリフォームをしたいかは購入希望者によるので、売却のためにリフォームはしませんでした。

 

リフォーム済み物件として付加価値は高めて成約価格を上げるよりも、買主が好みの住宅にリフォームするほうが良いと考えました。

 

実際、買主は入居前にリフォームをしました。

 

希望価格として、売却しても構わないという最低価格を提示することはあまり行われず、成約価格は希望価格より一回り少なくなるのが一般的と聞きます。

 

そして希望価格と実際の成約価格の差は、関東よりも関西のほうが大きいと聞いたことがあります。
これらは不動産業者に聞いたことではなく、巷で言われていることです。

 

引っ越し後のマンション売却で、尚且つ場所が近かったため、比較的売却期間をかけることができました

 

売却期間をかけることができなければ、もっと売却価格が低かったと思います。

 

最終的な成約価格は、初めに売却するかどうか迷った相手が提示した価格よりも上になりました。

 

初めに売却するかどうか迷った相手は、その価格以上であれば購入するつもりがなさそうでした。

 

その価格は、断るとすぐに決められる価格の上限であったので、断るかどうか迷いました。
低すぎるとは思うけれども、その後しばらく引き合いがないという可能性もあるからです。

 

私達の場合は、次の引き合いを待ったことはマンション売却はまず成功でしたが、ケースバイケースで判断するほかないと思います。

マンション一括査定なら全国対応のこちらが便利です。

・中古マンションの売却がうまい不動産業者をお探しなら

・買ったすぐのマンションや新築マンションを売却したいなら

・マンションが売れないとお悩みなら

スマホ用

マンションのリフォームは入居者がしました関連ページ

マンションは引越前に売るか引越後に売るか?
マンションを自分が売った経験、引っ越しした経験から言うと、引越後の、何も無い状態で引越後の状態を考えるのには結構な想像力が必要です。
マンションの売却に欲の出し過ぎは禁物です!
欲を出しすぎてズルズルと値引きするより、少々低めの値段でもすぐに買い手が見つかるほうが、ストレスもなく精神的にもすっきりすると思いました。
新築から2年半。お気に入りマンションの売却成功談
マンションの売却で大事なのは、信頼できる不動産業者を探すことだと思います。
マンション売却で不動産屋に薦められたコツ
我が家は、先に新しい家に引っ越していたことも、買いたい人が家の中を自由に見学できる点で有利だったのかなと思います。
古くても立地が決めてで即売却
戸建新築と同じ業者にお願いしたことでマンションの売却代を新築の頭金の一部に充てることが出来、売買ともにスムーズに進めることが出来ました。
転勤でマンション売却!
購買当初の間取りと部屋の場所選びは大切だなと感じました。また、不動産業者も、人の入れ替わりの多い業者より、昔から地元に密着している業者の方がいいと思いました。