中古マンション 売却

レインズとは− 大手不動産業者がよいわけではない

レインズとは、Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)の略称で、国土交通大臣指定のコンピュータ物件検索システムのことです。

 

インターネット上には様々な不動産情報を提供するサイトがありますが、レインズは不動産業者だけしか物件情報をみることができません。

 

1990年に登場したレインズによって不動産業界の物件紹介システムが大きく変わりました。

 

レインズが登場するまでは、委任を受けた不動産物件は自社だけで買主さんを見つけて商売していました。
あるいは、知り合いの不動産業者同士で物件情報を交換して成約に結び付けていました。

 

また、物件情報をたくさん抱えている大手不動産業者のほうがマンション売却を頼む場合によいという見方も以前はありましたが、レインズの登場で今は会社の規模だけで情報量を判断することはできなくなりました。

 

どんな大手不動産業者であろうと、抱えている買い手の数はレインズ経由の買い手の数の足元にも及ばないのです。

 

どの不動産業者も、会社の規模に関係なく、レインズの膨大な不動産情報を即座に検索できるので、レインズは今やマンション売買の中心的役割を担っているといえます。

レインズの仕組み

まず、マンションの売却を依頼された不動産業者は、その物件情報をレインズに登録します。
すると、翌日あるいは翌々日には、レインズに加入している不動産業者のもとに、新着物件として情報が届きます。

 

レインズには、不動産業者が売りに出している物件や貸しに出している物件の情報や、過去の取引事例、相場の検索などもわかるようになっています。

 

こういった不動産情報が多くの不動産業者で共有されているため、中古マンションの売却を依頼された不動産業者以外の業者が、買い主を探してくることが多くなってきました。

 

ですから、中古マンションの売買には、売る主側の不動産業者と、買主側の不動産業者の両方が関わる「共同仲介」が主流になってきているのです。

マンション一括査定なら全国対応のこちらが便利です。

・中古マンションの売却がうまい不動産業者をお探しなら

・買ったすぐのマンションや新築マンションを売却したいなら

・マンションが売れないとお悩みなら

スマホ用

レインズの登場で不動産販売の世界が一変関連ページ

マンション売却の基本的な流れ
中古マンション売却にあたって、マンションを売りに出す準備・マンション売り出し中の動き・買主が現れてからの動き、という3つの流れがあります。
必要な書類・費用
中古マンション売却に必要な書類は、登記済証・実印・契約書税金や住宅ローン関係の書類・マンション維持費の明細書などがあります。
マンションの相場価格を知ろう
中古マンションを売る場合に考えないといけないのが、今の不動産市場がどうなっているのかということと、今後はどうなるのかという動向の理解です。
マンション売却が初めての方が注意すべきこととは
マンション売却を決断されたのであれば、信頼できるプロの不動産業者に客観的に冷静に判断してもらうことです。 これは、あなたのマンションの売却希望価格を下回る価格を提示されたときに大きな効果があります