中古マンション 売却

売主と買主の意識の差

自分の物件を過大評価してしまう

売主のあなたからすれば、苦労して時間をかけて購入したマンション。さらに、長い時間をこのマンションとともに過ごしてきたわけです。
何よりも、この物件をあなた自身が気に入ったから購入されたわけです。

 

当然、愛着もわいてきますし、相場よりも高くないと売りたくないという気持ちもあるかもしれません。

 

しかし、残念ながら買主は現状を冷静に見て価値を判断します。
あなたが思っているほど評価していないのです。

 

これは、お互いの価値観が違うのですから止むをえません。

 

そこで、いざマンション売却を決断されたのであれば、信頼できるプロの不動産業者に客観的に冷静に判断してもらうことです。

 

これは、あなたのマンションの売却希望価格を下回る価格を提示されたときに大きな効果があります。

 

「もっと高く買ってくれる買主が現れるまで待とう」

 

といった考え方が強すぎると、失敗してしまうことが多いのです。
結局、初めに提示された販売価格を大幅に下回る価格で売却せざるを得ないことが多いのです。

 

もちろん、最終判断はあなたがしなければいけませんが、

 

この価格で売るのか、売らないのか、この提示価格で後悔しないのか、プロの意見を素直に聞くことも大切でしょう。

 

 

そして、本当に売主の利益のために適切なアドバイスをしてくれる不動産業者を選ぶことが必要なのです。

一番高い査定価格の不動産業者を選ぶ?

中古マンションを売りに出そうとする場合には、いくつかの不動産業者に査定見積もりを依頼される方が多いでしょう。

 

そのときに、一番高い査定価格を出した不動産業者に依頼したくなるのは当然ですね。

 

 

例えば、A社は

 

「あなたのマンションの査定価格は当社では4000万円です」

 

一方、B社では、

 

「3700万円で査定しました」

 

といわれたとします。

 

当然、あなたは4000万円で査定を出してくれた不動産会社に依頼したくなるはずです。

 

しかし、ここに落とし穴があるのです。

 

売りたいマンションを実際に購入するのは不動産業者ではない

 

ということです。

 

 

 

中古マンションの査定価格は、自動車の下取り価格などとは違います。

 

たとえ高い査定価格を出したとしても、その査定価格で必ず売りますと約束したわけではありません。
あくまで買主は市場のユーザーであり、マンション価格の査定をした不動産会社が買い取るわけではないのです。

 

考えてみるとわかるのですが、不動産業者とすれば高い査定価格を提示して仲介・媒介契約の依頼を取ろうとするわけです。
多少、市場価格と合っていなくても、依頼を勝ち取るために、高い査定価格を出す業者が残念ながらいることは事実です。

 

上記の例で、高値の不動産業者A社に依頼すれば、実際に4000万円の売り出し価格で売るに出すことはしてくれるでしょうが、市場に合っていなければ、

 

「なかなか売れないので、もう少し売値を下げてみませんか?」
などといわれ、

 

結局は査定の低かったが適正な査定価格を提示したB社の査定価格並み、あるいはもっと低い販売価格で売らざるを得ないことになり、さらには売る時期だけを延ばすことにもなりかねないのです。

 

最初に、実勢価格とは違う査定価格をわざと提示した不動産業者が商売でき、正直な査定価格を提示した不動産業者が報われないという現状があるのです。

 

このように、不動産業者側の事情があるので、査定価格が高いからといって飛びついてしまうと、後悔の残るマンション売却になりかねませんから注意が必要です。

 

ここでもやはり、売主の真の味方になってくれる信頼できるプロのパートナーを選ぶ必要があることがおわかりいただけると思います。

 

そして、今の時代は、インターネットからマンション一括査定で親身に仕事をしてくれる不動産業者を選べる時代になったと言えます。

マンション一括査定なら全国対応のこちらが便利です。

・中古マンションの売却がうまい不動産業者をお探しなら

・買ったすぐのマンションや新築マンションを売却したいなら

・マンションが売れないとお悩みなら

スマホ用

マンション売却が初めての方が注意すべきこととは関連ページ

マンション売却の基本的な流れ
中古マンション売却にあたって、マンションを売りに出す準備・マンション売り出し中の動き・買主が現れてからの動き、という3つの流れがあります。
必要な書類・費用
中古マンション売却に必要な書類は、登記済証・実印・契約書税金や住宅ローン関係の書類・マンション維持費の明細書などがあります。
マンションの相場価格を知ろう
中古マンションを売る場合に考えないといけないのが、今の不動産市場がどうなっているのかということと、今後はどうなるのかという動向の理解です。
レインズの登場で不動産販売の世界が一変
どの不動産業者も、会社の規模に関係なく、レインズの膨大な不動産情報を即座に検索できるので、レインズは今やマンション売買の中心的役割を担っているといえます。