中古マンション 売却

売却には大きな3つの流れがある

中古マンション売却にあたって、大きく3つの流れがあります。

それは、

 

マンションを売りに出す準備
マンション売り出し中の動き
買主が現れてからの動き

 

という3つの流れです。

 

この流れを知っておくことで、マンション売却の全体像が把握でき、それぞれの場面でどのように行動すればよいかがわかりやすくなります。

 

以下でご説明していきます。

 

マンションを売りに出す準備

一括査定サイトで見積もり依頼

まずは、中古マンション一括査定サイトで不動産業者に査定見積もりを依頼し、その中から候補の不動産業者数社を選びます。

 

マンションを直接みて査定をしてもらう

候補数社の不動産業者に、直接あなたのマンションにきてもらい、査定をしてもらいます。

 

このときに、あなたがマンションを売りに出す理由や売る場合の希望などをしっかり相手に伝えます。
同時に、その不動産業者の見極め(信頼できる相手かどうか)をします。 ←ココが重要です。

 

媒介契約を締結

査定額や額の根拠理由などを聞き、最も信頼のおける不動産業者を選びます。
そして、選んだ不動産業者と媒介契約書を結びます。

 

媒介契約とは、自分のマンションの売却を不動産業者に依頼する契約のことをいいます。
媒介契約には、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3つがあります。

 

一般媒介契約・・・売主であるあなたがマンション売却を依頼した不動産業者以外にも重ねて媒介を依頼したり、自分で売主をみつけてくることもできます。

 

複数の不動産業者が自分の物件を販売してくれるというわけで、売れる確率が一番高くなる気がします。
しかし、、不動産業者側からすれば、費用をかけて物件を広告したり営業しても、最終的に他の不動産業者で契約をきめられてしまえば、投資した費用はムダになってしまいます。
結局は売れる確率がわるくなることもあるので注意が必要です。

 

専任媒介契約・・・不動産業者は1社限定になります。自分で売主をみつけて直接契約することは、一般媒介契約と同様にできます。

 

専属で契約することで、売主と不動産業者の信頼関係ができます。不動産業者も、マンションを売るために積極的なアドバイスをしてきますし、広告宣伝費をかけてくれたりします。早期の売却にもつながるので、一番おススメしたい契約です。

 

専属専任媒介契約・・・専任媒介契約と同様に、他の不動産業者に並行して売却を依頼することができず、さらに自分で買主をみつけて売買契約をすることもできません。

 

専任媒介契約と専属専任媒介契約の違いは、売主自身が見つけてきた買主との直接契約ができるかできないかという点です。
専属専任媒介契約は、売主自身が買主を見つけてきても直接は契約できませんから、専任媒介契約が一番おススメだと思います。

 

 

 

マンション売り出し中の動き

依頼した不動産業者が売却案内を開始

あなたが選んだ不動産業者が、あなたのマンションを売却するための営業活動に入ります。

 

そして、物件に興味を持ったお客さまは、通常はマンションの内覧を希望されるため、不動産業者がお客様を連れてあなたのマンションに案内にやってきます。

 

 

購入希望者が現れるまで待つ

簡単に、理想通りの買主がすぐに現れればよいのですが、場合によっては内覧はあるが購入希望まで至らない、あるいは内覧希望者すら現れないということもあるかもしれません。

 

この場合には、売り出し価格を下げたり、内覧者に気に入らなかった理由を確認し改善したりといった見直しが必要なときがあります。
ここの過程がマンション売却の際に最も苦労するところです。

 

買主が現れてからの動き

購入希望者から購入申込書を受け取る

あなたのマンションを購入したいというお客さまが現れたら、購入申込書(買付申込書)を書いてもらい不動産業者経由で受領します。
購入申込書は最終的な売買契約書ではなく、あくまで買主の「意思と希望」が書かれた書類です。
これは、あくまでも購入の希望ですから最終的に合意したものではありません。

 

特に、いくらで買うかという価格面で売主の希望価格どおりにいかないのが今どきの事情です。
多くの場合に値引き交渉が行われるでしょう。

 

とはいっても、購入申込書を出してくれた買主ですから、かなり購入する意欲は強いといえるでしょう。
ほんのわずかの値下げで売買が決まることも多いでしょう。

 

こんなときに、頑なに値引きに応じない姿勢では決まるものも決まりませんが、買主の言いなりに値引きに応じて悔いが残るマンション売却に終わるでしょう。

売買契約の締結

すべての内容に合意したら買主と売買契約を交わします。契約書を作成し、双方が署名(記名)、捺印をします。
そして、売買代金の金額を受領して引き渡し(鍵の授受)を行います。
不動産業者・登記手続きをしてくれた司法書士に報酬を支払います。

 

以上が、マンション売却の大まかな流れです。

 

マンション一括査定なら全国対応のこちらが便利です。

・中古マンションの売却がうまい不動産業者をお探しなら

・買ったすぐのマンションや新築マンションを売却したいなら

・マンションが売れないとお悩みなら

スマホ用

マンション売却の基本的な流れ関連ページ

必要な書類・費用
中古マンション売却に必要な書類は、登記済証・実印・契約書税金や住宅ローン関係の書類・マンション維持費の明細書などがあります。
マンションの相場価格を知ろう
中古マンションを売る場合に考えないといけないのが、今の不動産市場がどうなっているのかということと、今後はどうなるのかという動向の理解です。
レインズの登場で不動産販売の世界が一変
どの不動産業者も、会社の規模に関係なく、レインズの膨大な不動産情報を即座に検索できるので、レインズは今やマンション売買の中心的役割を担っているといえます。
マンション売却が初めての方が注意すべきこととは
マンション売却を決断されたのであれば、信頼できるプロの不動産業者に客観的に冷静に判断してもらうことです。 これは、あなたのマンションの売却希望価格を下回る価格を提示されたときに大きな効果があります