中古マンション 売却

一般媒介契約と専任媒介契約

自分のマンションの売却を不動産業者に依頼するときには不動産業者と売却の委任に関する契約を交わします。

 

これを媒介契約と言います。

 

媒介契約には、一般媒介契約専任媒介契約があります。
それぞれについて説明します。

 

一般媒介契約

マンションの売主は売却を依頼する不動産業者を1社に限定せず複数の不動産業者を媒介契約を結ぶことができます。
わかりやすくいえば、多くの不動産会社に同時並行で売ってもらう契約です。

 

 

 

専任媒介契約

この契約では、マンションの売主は売却を依頼する不動産業者を1社に限定して契約を結びます。
この専任媒介契約の中のうち、依頼者自身が自分で買主をい見つけた場合に、直接契約することができるものとできないものに分かれます。

 

直接契約することができない契約を専属専任媒介契約と言います。

 

一般媒介契約と専任媒介契約、どちらがおススメか?

結論からすれば、専任媒介契約がおススメです。

 

なぜでしょうか?

 

まず、マンションの売主からすれば、売ってくれる業者が多ければ多いほど売れる確率が上がるように思えます。
したがって、一般媒介契約のほうが専任媒介契約よりもおススメだといわれることも多いようです。

 

しかし、実際にはそんなに簡単なものではありません。

 

売る側の不動産会社からすれば、その物件にお金をかけて広告を出したり、営業したりしても、他の不動産業者で決められたら、それまでに投資した経費・時間はすべてムダになってしまします。

 

そのリスクがあるために、一般媒介契約の物件には思い切った広告宣伝費をかけることができないのです。

 

逆に、専任媒介契約であれば、売却が決まれば確実に手数料を得ることができます。自然とその物件を売ることに力が入りますし、売主にとっても早期に売却できるチャンスが広がるということです。

 

また、以前であれば買主を探すための情報収集には大きな限界がありましたが、今はレインズの出現で全国の不動産業者に物件情報を伝達できる時代になりました。

 

今の時代は、依頼した不動産業者だけで物件を売る時代ではなく、レインズに登録して不動産業界全体で売っていく時代になったのです。

 

ですから、
専任媒介契約で信頼のおける不動産業者に売却を任せることをおススメします。

 

 

 

 

マンション一括査定なら全国対応のこちらが便利です。

・中古マンションの売却がうまい不動産業者をお探しなら

・買ったすぐのマンションや新築マンションを売却したいなら

・マンションが売れないとお悩みなら

スマホ用

一般媒介契約と専任媒介契約はどちらがおススメか関連ページ

大手不動産会社だから安心?
今は、巨大な情報マーケットであるレインズがありますから、地方の小さな不動産業者でも大手と何ら遜色ない不動産売却ができるのです。