中古マンション 売却

不動産業者に直接買ってもらう方法はどうなのか?

不動産を売ってください
というチラシを投函される事が良くあります。

 

特に流動性の高い不動産では、チラシも高い頻度で投函されるようです。

 

不動産の仲介をお願いするのではなく、不動産業者自身に売却する、というこの手段、果たしてアリなのでしょうか?

 

業者に不動産を売却するメリットは、とにかく手間がかからないことです。

 

確実に見積額で買い取ってもらえるので、買い手が付くか分からない仲介よりも安心して、すぐに現金化できます。

 

また、不動産業者以外に話をしなくて良いのもメリットです。

 

仲介では「これから不動産を売ります」と宣言する必要があるので、ご近所にも「引っ越すらしい」と宣言することになります。
これを嫌がる方は不動産売却もありかもしれません。

 

ではそのデメリットは?

 

業者に不動産売却するデメリットは単純です。それは仲介に比べて安いこと。
不動産業者としても自社で不動産を所有することになるので、購入に高いお金もかかるし、リスクがあります。
そのリスク分を引いて購入しなければいけないので、仲介に比べてどうしても安くなります。

 

このため引っ越しが急に決まったとか、近所に売りに出していることを知られたくないとか、大きな現金がどうしても必要とか、差し迫った必要がなければ、あまり不動産業者への売却はお勧めしません。

 

不動産は元の金額が大きいので、ちょっと中間コストを取られるだけでも簡単に数百万金額が上下します。

 

たしかに、仲介は色々と手間がかかります。
例えば家をキレイにしたり、内覧されたい方のために予定を合わせたり、逆に内覧会を行うのならその日は家を空けたり。

 

でも、その一手間で何百万も変わるのなら、やはり不動産業者に依頼する仲介の形で売りに出すのが一番よいのでは・・・と思います。

 

不動産の売買は金額が大きいので、ちょっと気を抜くと「50万ぐらい」と見積もりや手数料を捉えてしまうことがあります。
でも、3000万の内の50万でも、30万の給料の1.5ヶ月分でも、50万は50万です。

 

手間をかけるほど高く売れるのなら、一手間かけるだけの価値が不動産にはあると思います。

 

マンション一括査定なら全国対応のこちらが便利です。

・中古マンションの売却がうまい不動産業者をお探しなら

・買ったすぐのマンションや新築マンションを売却したいなら

・マンションが売れないとお悩みなら

スマホ用

不動産業者への売却はアリ?ナシ?関連ページ

住宅ローンの延滞で競売に!そんなときは任意売却を
仲介者(主に不動産業者)が銀行とあなたの間に入り、両者に満足のいくような価格、競売よりは高い価格で売買を成立させる方法・・・これが任意売却です。
中古マンション売却には戦略が必要
まずマンションを販売する最初の売り出し価格を決める必要があります。 その場合に、売却価格には3つの価格があることを理解する必要があります。
リフォームはするべきか 内覧対策
マンションを高く早く売りたいなら、とにかく手間をかけることが一番だと思います。