中古マンション 売却

任意売却とは

任意売却という言葉を初めて聞かれた方も多いでしょう。

 

分かりやすく例を挙げましょう。

 

通常、マンションとか家を購入する場合には、銀行などから住宅ローンの融資を受けることになります。
そして、住宅ローンを毎月返済をしていくことになります。

 

ところが、何らかのご事情で、この住宅ローンの返済が滞ってしまった場合、銀行はあなたのマンションを差し押さえたうえで、不動産を競売にかけることができます。

 

住宅ローンの融資を受ける際に、ローン返済が滞った場合には一括返済しますという契約書を交わしていますから、競売にかけられても文句を言えません。

 

 

この競売ですが、あなたの大切な財産が2束3文で叩き売られてしまう可能性があります。
一般的には競売だと市場の5〜7割程度の価格になる事が多いようです。

 

また、競売後の返済に追われ自己破産をされる方も多いようです。

 

 

しかし、競売は、債権者(銀行)にとってもリスクのある方法です。

 

そもそも競売は手続きに時間がかかることや、実勢の販売価格より低い価格で売却されるために返済の回収額も低調に終わってしまうからです。

 

そこで、

 

仲介者(主に不動産業者)が銀行とあなたの間に入り、両者に満足のいくような価格、競売よりは高い価格で売買を成立させる方法・・・これが任意売却です。

 

あなたにとっても、残ったローンの返済条件をあなたの事情に合わせて考慮してくれたり、生活に支障がないレベルの返済を承諾して貰えたり、引越し費用などを手当てしてもらえる事が多いようです。

 

さらに、競売なら売却した利益は全て債権者に移るので自分の取り分はありませんが、任意売却なら自分の取り分も確保することも可能になります。

 

また、競売の場合は、多くの人に知られてしまうことになりますが、任意売却なら一般に知られることなく売却することもできます。

 

もし、なんらかの理由でこのような事態になったら、一度、任意売却専門提携会社に相談してみるとよいでしょう。

マンション一括査定なら全国対応のこちらが便利です。

・中古マンションの売却がうまい不動産業者をお探しなら

・買ったすぐのマンションや新築マンションを売却したいなら

・マンションが売れないとお悩みなら

スマホ用

住宅ローンの延滞で競売に!そんなときは任意売却を関連ページ

中古マンション売却には戦略が必要
まずマンションを販売する最初の売り出し価格を決める必要があります。 その場合に、売却価格には3つの価格があることを理解する必要があります。
リフォームはするべきか 内覧対策
マンションを高く早く売りたいなら、とにかく手間をかけることが一番だと思います。
不動産業者への売却はアリ?ナシ?
業者に不動産売却するデメリットは単純です。それは仲介に比べて安いこと。不動産業者としても自社で不動産を所有することになるので、購入に高いお金もかかるし、リスクがあります。