中古マンション 売却

売りたい価格と売れる価格

マンションの売却価格は不動産業者の査定額で決まることもありますし、売主側の事情で「住宅ローン残高の関係で、これ以上の価格でないと販売できない」といった理由があるのかもしれません。

 

ただし、買主側からいえば、

 

「新築マンションと中古マンションの中から自分に合った物件を値引きして買う」

 

という時代になっているわけですから、ある程度の相場価格を踏まえて売りに出す必要はあるといえるでしょう。

 

いずれにせよ、まずマンションを販売する最初の売り出し価格を決める必要があります。

 

その場合に、売却価格には3つの価格があることを理解する必要があります。

 

最低限の売却価格

最低限、これ以下の価格では販売できない価格をいいます。
例えば、住宅ローンの残高や売却に伴う諸費用などを合わせると、最低この価格以上で販売しなければならないというラインがあったりします。
あるいは、この価格を割るようなことがれば売却自体を考え直す、というような最低価格のラインもあるでしょう。

 

この最低ラインを抑えておかないと、値段交渉のたびにズルズル値引きすることにもつながりかねません。

 

売れる価格

相場に近い価格で、不動産業者が査定した価格でもあります。最低価格はクリアしていて、実際に成約出来るだろうという価格になります。
まずは、このラインを目標にすることになるでしょう。

 

売れたらいいなという価格

相場よりも高めで実際にこの価格で成約することは厳しいかもしれないが、最初の売り出しの時に設定する価格になります。
現在は、販売価格に対して値引き交渉があることが普通ですから、値引きしてもよい価格帯を設定しておかないと、自分の望んでいる売却価格ではほぼ売れないことになってしまいます。

3つの売却価格が必要なワケ

このように、3つの価格帯を設定しておく理由とは何でしょうか?

 

それは、マンション売却には戦略が必要だからです。

 

価格についての戦略がないと、無闇に値引きに応じてズルズル価格を下げていって、最初には想定していなかったような低価格で販売せざるを得ない事態になることが多いのです。

 

3つの価格帯を想定しておくことで、どこまでなら値引きに応じてよいか判断することもできます。
自分自身が納得して値引きに応じるので、後から後悔することもありません。

 

つまり、マンション売却において最も大切なのは、悔いを残すような売り方はしないということです。

 

販売開始のときには、もちろん最終的な売却価格はわかりませんが、同じ売却価格であったとしても、思いもしなかった価格で売れた場合と、想定済の価格で売れた場合とでは、後々、悔いが残る売却だったか、納得できる売却だったか大きく違ってくるのです。

 

高く売れなかったとしても、少なくとも、後々まで後悔を引きずるようなマンション売却だけは避けたいものです。

マンション一括査定なら全国対応のこちらが便利です。

・中古マンションの売却がうまい不動産業者をお探しなら

・買ったすぐのマンションや新築マンションを売却したいなら

・マンションが売れないとお悩みなら

スマホ用

中古マンション売却には戦略が必要関連ページ

住宅ローンの延滞で競売に!そんなときは任意売却を
仲介者(主に不動産業者)が銀行とあなたの間に入り、両者に満足のいくような価格、競売よりは高い価格で売買を成立させる方法・・・これが任意売却です。
リフォームはするべきか 内覧対策
マンションを高く早く売りたいなら、とにかく手間をかけることが一番だと思います。
不動産業者への売却はアリ?ナシ?
業者に不動産売却するデメリットは単純です。それは仲介に比べて安いこと。不動産業者としても自社で不動産を所有することになるので、購入に高いお金もかかるし、リスクがあります。